HOME>記事一覧>体に溜まった毒素が与える悪影響と、毒素を抜く方法

体に溜まっていく毒素

顔に触れる女性

毒素とは、日常的に摂取している食品などに含まれる添加物や脂質が体内に溜まったものです。体内に蓄積された毒素を放置しておくと、腸内環境が乱れて便秘になったり、代謝が落ちて肌荒れなどを引き起こしたりとさまざまな不調の原因になります。そのため、体の健康を保つためには毒素を抜くことが大事だといえます。毒素を抜く方法の一つとしては、毒だし酵素の摂取が挙げられます。

毒だしにおいて重要な肝臓

痒い

毒素を抜くには、肝臓を意識する必要があります。肝臓には体の毒素を分解・排出する働きがあるため、肝臓が疲れていると効果が衰え毒素が蓄積されやすくなります。普段から酒を飲む機会が多く肝臓の疲れを感じる方は、毒だし酵素玄米の摂取をおすすめします。毒だし酵素玄米は、玄米に含まれるビタミンB群や食物繊維によってデトックス効果を受けられ、そこに酵素が加わることにより代謝の促進や消化機能の向上が期待できます。

ダイエット効果を得たいなら

ダイエット効果を得たい場合にも、毒だし酵素玄米を食べることはおすすめです。毒だし酵素玄米を毎日食べ続けることにより、栄養バランスの整った食生活が身につき、自然と間食をしなくなっていきます。余計なものを口にせず栄養も充分にとれるようになるため、痩せた状態をキープすることができます。

便秘に困っている方は

便秘に悩まされている方は、毒だし酵素と腸内環境を整える効果を持つ乳酸菌などを含むサプリメントを摂取するのがおすすめです。毒だし酵素と乳酸菌の両方を持ち合わせているものでなくても、別々のサプリメントを一緒に飲むだけで効果があります。毒だし酵素と乳酸菌を一緒にとることにより、乳酸菌による腸内環境の調整効果を毒だし酵素の力が高めてくれます。加えてマッサージなどで刺激すれば、内外からの働きかけでより高い効果を得られます。

広告募集中